「ポルトガル語講座~ブラジルの文化を学ぶ~」

開催日
平成28年7月19日〜22日 10:00〜13:00
開催場所
南大沢キャンパス1号館2階207室

概要

Intensive Course in Portuguese Language Conversation and Brazilian Culture for Students of the Tokyo Metropolitan University a beginner course in Portuguese conversation

対象

首都大学東京の全学部学生・教職員及び近隣にお住いでブラジルに関心のある方。

目的・効果

1897年に笠戸丸に乗った移民がサントス港について以来、日本はブラジルに海外最大の日系人居住地を持つに至りました。
現在、日系ブラジル人は160万人達すると言われています。
日系人はブラジルの様々なところに足跡を残しており、日本とブラジルの関係は日本人が思う以上に強いものがあります。

この度、首都大学東京都市教養学部人文社会系では、サンパウロ大学よりPola Manadala教授を呼び、一週間という短期間ではありますが、英語による初級ポルトガル語とブラジル文化を学ぶコースを開催することになりました。
リオデジャネイロでこれからオリンピックが開かれるこの時期に、大学でも、ブラジルの言葉と文化を知ってもらう機会としてこのコースを開催します。
趣旨はより多くの人にブラジルを知ってもらうことにありますので、学内の学生・院生・教職員だけでなく、近隣地域の方で関心のある方の参加も歓迎いたします。

期間

7月19日から22日までの4日間、朝10時~13時で行われます。